結婚式 教会について

教会での結婚式について

結婚式を行う場合にはさまざまなスタイルがあります。
和式、人前式、教会での挙式などです。
人それぞれ信条や希望などがあるので、一義的には決めらせませんが、和式や教会での挙式が一般的に多くの方に選択されることが多いでしょう。
昨今では人前式による挙式も浸透しつつあります。
教会での挙式では通常では神父様がいらっしゃいます。
参列者が席に先に着席しており、挙式が始まると扉から新郎が一人で入場します。
入場した後はバージンロードを歩きます。
新郎の入場が終わると続いて新婦と新婦の父が腕を組んで入場してきます。
バージンロードの途中で新婦の父と新郎は新婦のエスコートを交代し、新婦の前まで二人で歩きます。
神父様によって挙式は進行され、指輪交換や誓いのキス、賛美歌の斉唱などといったイベントが行われます。
人前式では神父様はいらっしゃらないので、別途司会進行の方の下に挙式が進行します。
これが異なる点です。
室内はステンドグラスなどで装飾され、採光も良く考えられた設計となっているので、お勧めです。

Copyright© 結婚式 教会 All Rights Reserved.